人気ブログランキング |

花育レッスンの“tette”のお知らせとレポート、そしてときどき、主宰者kayoのつぶやきなど


by tette_km

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年がスタートして、早いもので2週間。
1ヶ月後は…もう、バレンタイン・デー053.gif
今年は、だれになにを贈ろうかしら。
子どもからパパやボーイフレンドには、何を用意させようかしら。
そんなふうに悩みはじめる時季ですねー。

そこでtetteでは、
スイーツみたいにあまーいお花の贈り物をご提案します!
チョコレートが苦手なひとへ。
小さなプレゼントといっしょに。
バレンタイン・デーの日の演出に。
お花はきっと、ナイス060.gifな働きをしてくれるはずですよ。

キャンディみたいに甘い色の春の花を集めて、
ハート型のボックスにぎゅっとアレンジします。
a0231627_16194732.jpg
そのまま贈れるよう、ラッピングもしましょう。
a0231627_16223550.jpg
今年は、例年どおりのfor kidsと合わせて
オトナの女性のためのレッスンも予定しています。

■2月8日(土)13時〜14時
花育 for kidsーバレンタイン・アレンジメントー
at 世田谷ものづくり学校

■2月9日(土)10時〜11時
花育 for kidsーバレンタイン・アレンジメントー
at CAFE CLASSE DAIKANYAMA

■2月13日(木)10時半〜12時

花育 for womenーバレンタイン・アレンジメントー

お申し込みの詳細はこちらをご確認ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯対象年齢(for kids):4歳〜12歳くらいまで ※for womenは年齢不問
◯参加費:for kids=2,500円(材料費込み)
   for women=3,000円(材料費,お茶代込み)
◯当日の持ち物:作品を持ち帰るための袋(バッグ)
◯お申し込み方法
以下の内容を、tette.km@gmail.comまでメールにてご連絡ください。
[1]保護者の方のお名前/参加するお子さまのお名前・年齢・性別
    ※for womenは参加者のお名前のみ
[2]お電話番号(当日、連絡がつく番号をお知らせください)
[3]参加希望日

お申し込み/キャンセルは2日前までにご連絡ください。
以降のキャンセルの場合、参加料を頂戴する場合があります。

※お申し込みいただいた方には折り返しご連絡します。
返信がない場合は、お手数ですがblogのコメント欄にご記入ください。

※for kidsとオトナ向けとでは、材料やボリュームが異なります。
※写真はサンプルであり、イメージです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

for kidsは、バレンタイン1週間前のレッスンですが、
冬の間はお花はとても長持ちするので、大丈夫。
この季節ならではのデコレーションとして
早めにテーブルに飾っておくのもオススメです。
「大切なひとのために贈り物をつくる楽しさ」
今年のバレンタインにはぜひプラスしてみてください012.gif
a0231627_16381197.jpg

by tette_km | 2014-01-15 16:48
tetteの現在のメインの活動は「花育(はないく)」
今ではずいぶん浸透した食育と、考え方の根幹は似ています。
食を通じて子どもを育てるのが食育なら、
花を通じて子どもを育てるのが「花育」です

その内容や期待されている効果は様々ですが、
tetteでは以下のように考えています。



「花育」は、子どものためのお花遊び。
お手本も正解も評価もありません。
ただ自由な発想で、アレンジメントをしたり、花を取り入れた工作を楽しんだり、
ときにはフィールドワークで植物に触れたり。
tetteはそんな、“花を五感で楽しむ時間”を作るお手伝いをします。

ー注目されている花育の作用ー
・右脳を刺激して、その子の潜在能力や感性を引き出す
・蓄えた知識を活かす“発想力”や“表現力”が育つ
・花に触れることで、生物への興味を育む
・花の癒し効果で気持ちを和らげる 



現代、とくに都心部では、
花に触れる機会はとても少なくなっています。
お花はハレの日に買ったりもらったりして、そのまま飾る。
それくらいの関わり方だと思います。
けれど本当は、街中で季節ごとの花は咲いているし、
お花屋さんでもたった1輪だって気軽に買える。
お花を通じて季節の移ろいが感じられる、
身の回りの小さな小さな命の存在が愛おしくなる。

そんなコトに気づいくきっかけに、tetteの花育がなれればいよいな。
そんな思いで活動を続けています。

それから、tetteでは花を五感で楽しんでもらいたいとも願っています。
お花はみんなどれもキレイだけれど、
匂いがキツいものもあれば、トゲトゲしているものもある。
大切に扱わなければ、あっという間に枯れてしまう。
色や形を観察して、完成をイメージして活けることで
お花は、はじめて“自分らしい作品”になる。
作る過程、愛でる過程、お世話する過程。
そのすべてが、“花を通じて子どもを育てる”ことにつながると考えています。

就学するととくに、
子どもたちの行動の多くが数値化され、比較されるようになります。
それも仕方ないことなのかもしれません。
けれど、それだけでなく、“だれとも違う自分らしさ”を自覚し、
“自分も相手も同じくらい大切”と感じられる場
も必要な気がします。
tetteの花育が、そんな思いを育む場であれるよう、
花と触れ合う楽しい時間を提供していきたいと、強く思っています。

どうぞ、tetteの花育と末永くお付き合いください。

2014年1月
tette みやごかよ
a0231627_1221935.jpg

by tette_km | 2014-01-10 15:50 | 「花育」とは
2014年がはじまって、もう1週間が経ちましたね。
みなさま、お正月はいかが過ごされましたか。
我が家は初めて東京で、親子水入らずで年を越し、
例年以上にまったりとした年明けでした012.gif

さて、遅ればせながら
tetteの2014年第1回目のレッスンのご案内です。

1月は、松の内が明けても、
どことなく“和”のテイストに心惹かれます。
そこで、tetteでも少し和を感じさせる
アレンジメント作りを楽しみたいと思います。
そして、寒い時季は「枝もの」といって
木に花を咲かせる植物を楽しむのに最適の季節です。
蝋梅や雪柳、梅や寒桜など。
そうした花々を和風の花器に生けて
もうしばらく日本らしい演出を楽しみましょう。
それから。
花器はいろんな千代紙をコラージュして
オリジナルの和風花器に仕立てますよー。
1年のはじまりの月にふさわしい
艶やかで、でもちょっぴり慎ましやかな作品が
きっと完成するはずです。
a0231627_15185138.jpg
お申し込みの詳細はこちらをご確認ください↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初春のアレンジメントをつくろう
1月18日(土)10時〜11時:CAFE CLASSE DAIKANYAMA
       13時〜14時:世田谷ものづくり学校

◯対象年齢:4歳〜12歳くらいまで
 ※はさみやのりを使えるお子さんに限ります。
◯参加費:2,500円 ※材料費込み
◯当日の持ち物:お申し込みの方に直接お知らせします
◯お申し込み方法
以下の内容を、tette.km@gmail.comまでメールにてご連絡ください。
[1]保護者の方のお名前/参加するお子さまのお名前・年齢・性別
[2]お電話番号(当日、連絡がつく番号をお知らせください)
[3]参加希望日
お申し込み/キャンセルは2日前までにご連絡ください。
以降のキャンセルの場合、参加料を頂戴する場合があります。
※お申し込みいただいた方には折り返しご連絡します。
返信がない場合は、お手数ですがblogのコメント欄にご記入ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

洋のお花なのになんとなく和風なダリアや
a0231627_15261058.jpg
この季節ならではの香り高い蝋梅など。
a0231627_15295231.jpg
短い冬と、遠くで聞こえる春の足音を感じながら
お花とふれあう時間をいっしょに楽しみましょう。
初めての子も、お久しぶりのお友達も、
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています016.gif

by tette_km | 2014-01-07 15:34 | お知らせ
新年、明けましておめでとうございます。

「tetteの花育」は2年目のお正月を迎えました。

昨年も、たくさんの方とのご縁がありましたこと
心から感謝いたします。
今年も、新しいことに楽しんで挑戦してまいります。
そして、花も実もある暮らしのお手伝いを
心を尽くして重ねてまいりたいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2014年1月1日
tetteみやごかよ
a0231627_10240463.jpg

【1月レッスンのご案内】
今年1回目のレッスンは1月18日(土)
和花を使って、
1年の始まりにふさわしいミニアレンジをつくります。
10時〜 :CAFE CLASSE DAIKANYAMA
13時〜 :世田谷ものづくり学校
詳細は追ってご案内いたします。

by tette_km | 2014-01-01 10:25 | 日記